簡単!無料!WEB上で行える人気の国家資格「第2種衛生管理者試験」の過去問対策!

労働生理のポイントの使い方

第2種衛生管理者試験の重要ポイントをまとめています。マスキングされている箇所はクリックで表示されますので、重要ポイントを効率的に学習できます。

全マスク設定
全マスク解除

労働生理のポイント

消化器系

肝臓の機能

肝臓の機能
  • 肝臓の機能には次のようなものがある。
    1. 脂肪酸の分解及びコレステロールの合成
    2. 胆汁の生成
    3. アルブミンなどの血漿たんぱくの合成
    4. アルコールなどの身体に有害な物質の分解
    5. グリコーゲンの合成および分解
選択肢の中から肝臓の機能ではないものを選択する問題が出題されています。肝臓では血漿たんぱくが合成されますが、赤血球の産生は行われません。

栄養素の消化と吸収

消化酵素
  • アミラーゼは、炭水化物(糖質)を分解する消化酵素である。
  • リパーゼは、脂質を分解する消化酵素である。
  • トリプシンペプシン、はたんぱく質を分解する消化酵素である。
たんぱく質の消化と吸収
  • たんぱく質は、約20種類アミノ酸が結合してできており、内臓、筋肉、皮膚など人体の臓器などを構成する主成分である。
  • たんぱく質は、膵臓から分泌される消化酵素であるトリプシンなどによりアミノ酸に分解され、小腸から吸収される。
  • 血液循環に入ったアミノ酸は、体内の各組織においてたんぱく質に合成される。
  • 肝臓では、アミノ酸から多くの血漿たんぱく質が合成される。
  • 飢餓時には、肝臓などでアミノ酸などからブドウ糖を生成する糖新生が行われる。
脂肪の分解と吸収
  • 胆汁は、アルカリ性で、消化酵素を含まないが、食物中の脂肪を乳化させ、脂肪分解の働きを助ける。
  • 脂肪は、膵臓(すいぞう)から分泌される膵リパーゼにより、脂肪酸グリセリンに分解されて、小腸のじゅう毛から吸収される。
  • 肝臓は、コレステロールとリン脂質を合成し、余剰のたんぱく質と糖質を中性脂肪に変換する。
  • コレステロールやリン脂質は、細胞膜の成分となる。
  • 脂質は、糖質やたんぱく質に比べて多くのATPを産生するエネルギー源となるが、摂取量が多すぎると肥満の原因となる。

ちょっと休憩!頭の体操

Powered by ナンバープレイスontheWeb

更新履歴

【2017/10/7】平成29年10月の過去問題を追加しました。

【2017/5/7】平成29年4月の過去問題を追加しました。

【2016/10/14】平成28年10月の過去問題を追加しました。

【2016/9/15】サイト開設