簡単!無料!WEB上で行える人気の国家資格「第2種衛生管理者試験」の過去問対策!

労働生理のポイントの使い方

第2種衛生管理者試験の重要ポイントをまとめています。マスキングされている箇所はクリックで表示されますので、重要ポイントを効率的に学習できます。

全マスク設定
全マスク解除

労働生理のポイント

腎臓・泌尿器系

腎臓と尿

腎臓のはたらき
  • 腎臓の皮質にある腎小体では、運ばれてきた血液から、老廃物、グルコース、電解質、アミノ酸、などが糸球体によってこし出され、ボウマン嚢(のう)に原尿としてためられる。
  • 血球たんぱく質のような大きな分子は、糸球体によってボウマン嚢(のう)にこし出されることはない。
  • 原尿中にこし出された水分と身体に必要な成分(電解質、アミノ酸など)の大部分は、尿細管を通る途中で血中に再吸収され、再吸収されなかった残りが尿として体外に排出される。
  • 糸球体はろ過、尿細管は再吸収、ボウマン嚢は容器としてのはたらきがあります。
  • 原尿は1日約200リットル作られ、そのうちの約1.5リットルが尿として体外に排出されます。
  • 糖が糸球体でこし出されるかどうかがよく出題されています。糖はでんぷんが分解されてできた小さい分子であり、糸球体でこし出されます。
尿の特徴
  • 尿は淡黄色の液体で、固有の臭気を有し、通常、弱酸性である。
  • 尿の生成・排出により、体内の水分の量やナトリウムなどの電解質の濃度を調整するとともに、生命活動によって生じた不要な物質を排出する。
  • 尿の約95%は水分で、残りの約5%が固形物であるが、その成分が全身の健康状態をよく反映するため、尿検査は健康診断などで広く行われている。
    尿検査は定期健康診断で省略できない項目です。

ちょっと休憩!頭の体操

Powered by ナンバープレイスontheWeb

更新履歴

【2017/10/7】平成29年10月の過去問題を追加しました。

【2017/5/7】平成29年4月の過去問題を追加しました。

【2016/10/14】平成28年10月の過去問題を追加しました。

【2016/9/15】サイト開設